痛い死に方 ワースト1 すい臓がん4 抗がん剤を始める〜筋肉の衰え

2016.11.27 Sunday 15:28
0

    JUGEMテーマ:すい臓がん

     抗がん剤治療は2クールやった。

    2週間毎日抗がん剤を打つ。また、2週間休んでまた2週間。

     

    日に日に父の顔は黒くなっていった。

    当たり前だろう。抗がん剤は毒だというから。体に毒を入れていれば顔色も悪い。

    しかしこのころの父は、前向きに「ご飯を食べて少しでも長生きしたい、少しでも体動かして動けるようにしていたい。」と

    毎日少しづつ取り組んでいた。

    その頃から、父の体にいろいろな変化が現れ始めた。抗がん剤の効果ではなく、悪化という意味でだ。

     

    その1つ、頸椎の手術も名目上は成功していたのでそのリハビリもしましょう。という事になった。

    毎日、作業療法士が病室にやってきて腕や肩の首のリハビリをしていた。

    父も最初は、久しぶりに動かしたからちょっと痛いな位だったが、1週間位したらリハビリ中はしかめっ面になっていた。

    何度かお願いしたがやっぱり痛いというのでやめた。

     

    白くま先生は、「(施術や運動の最中)体を動かして痛いのは間違っている。」と教えてくれている。

     

    白くま先生の理論通り、痛いのに無理をして何度かやってしまったので結果、体調は良くならず抗がん剤の大きな副作用も便秘以外には無い代わりに放散痛の痛みだけは強くなっていった。

    この一件から一時、首の状態も少し良くなっていたのでコルセットを外して居たが、また付け始めることになり意識がなくなるまでコルセットが外せなかった。

    当時の父の体の状態で今まで痛くて動かさなかった腕や肩をいきなり動かしたら体を守っているガンは急に周りの筋肉や臓器とのつながりが変わり変化せざる負えないという状況になるのかもしれない。そして、結果、放散痛という形で現れる。

    動かせばいいってもんじゃないという事になる。当時の作業療法士に学んでほしかった。

     

    2つ目は、左の歯が痛いと言い出した。歯というより、歯茎だ。

    父はとても歯が丈夫で歯並びがよかった。私が知っている限り一生のうちに数回しか歯医者に行ったことがないはずだ。

    母親に似て歯並びがとても悪い私はいつも、「親子なのにどうして似たかったと思うところは似ないんだろう」といつも思っていた位だ。

    その父が痛いというのだから、私は父の体の衰えにかなり危険を感じていた。

     

    併設している歯科にかかった。

    診断は、特に虫歯はない。痛いなら歯ブラシを柔らかいものに変えて力を入れずに磨きましょう。と言われ看護士に付き添われ帰ってきた。

    看護士が「何も悪くないのに痛いのはおかしい」と言った。

    「何か月も首にコルセットをして動かさないでいたらあごの周りは固まり筋肉も無くなって歯も歯茎も痛くなるでしょう。特に左は肩が痛いほうだから余計に首、あご、歯にも負荷がかかっているはず。痛くなってもおかしくない」といった。このころ、父は噛むのがしんどいので普通のご飯は食べられず、おかゆが精一杯になっていた。

     

    看護士は私が何を言っているのかわからなかったようだ。

     

    読んでいるみなさんは私が看護士に話したことがお分かりだろうか。

    前述のとおり白くま先生の理論から行くと人間の体は全てつながっている。

    一般的には左背部痛に起こるという、すい臓がんの放散痛。父の場合は左肩、腕に出た。結果、左のあごや歯、歯茎に支障が出てもおかしくはない。という事はわたしにもわかる。

    だって、その部位が使えないんだもの。普通に生活していて使っている状態ではないのに保っていられるわけはないでしょう。

    人間の筋肉は、使わないと衰えるのですから。衰えるとどうなりますか?思うように体を動かせない死を迎える直前の人を想像してください。

    やせ細り筋肉が無くなって体が固くなっているじゃないですか?

    今、まさしくその状況です。

    それがわからない看護士さん。国家資格があっても実際、現場に出て痛みを伴う患者と触れ合う資格はないんじゃない??

    もっと見なさいよ!患者を!

     

    やっぱり、体は全てつながっているという白くま先生のいう通りなんだな。と父を見るたび毎日考えていた。

     

    痛みと闘いながら必死に生きていた父の入院生活が2か月を過ぎた頃、あいつ(医者)からまた面談の話が来た。

     

    category:ひとりごと | by:ごんちゃんcomments(0) | -

    スポンサーサイト

    2020.01.14 Tuesday 15:28
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -
      Comment