星野 仙一さん…ご冥福をお祈りします。

2018.01.08 Monday 17:50
0

    JUGEMテーマ:すい臓がん

     

    1/4 星野仙一さんが亡くなられました。享年70歳だったそうです。

    中日のエースとして、「燃える男」と言われた星野さん。

    現役でご活躍されていた頃、私はまだ幼少期ですがテレビ画面で星野さんが

    「うお〜!!」と叫ぶ姿をうっすら覚えています。

     

    1969年にドラフト1位で中日ドラゴンへ入団し1982年まで現役でご活躍をされています。

    1987年から1991年 2回、中日の監督を務めていらっしゃって

    1度ずつリーグ優勝を果たしています。2002年からは阪神の監督を2季務め、

    2003年にはチームをリーグ優勝へ、その後2013年に楽天も優勝に導いていらっしゃいます。

    本当に野球を愛していらっしゃったんでしょうね。

     

    そんな星野さんも、すい臓がんだったんですね。

    急性膵炎を発症したことをきっかけにすい臓がんが発見されたとのこと。

    「余命90日」と言われたそうです。そいうことはレベル犬任垢諭

    お仕事をされていたということですから相当、お辛かったのではないでしょうか。

    私の父親も同じ位の時期の発見ですが、その時は放散痛が酷くて動けない状態になっていました。

    膵臓は周囲を胃や十二指腸、大腸、肝臓といった多くの臓器が囲み、自身はその奥にあるため

    がんの発見がとても難しいと言われています。

    また発見時の8割近くが手術不能の進行がんで、強い痛みを伴うがんの典型例だそうです。

     

    すい臓がんでなくなった有名人、著名人は多く、少し調べただけで

    あの、 安倍 晋太郎さん、 杉村 春子さん、千代の富士さん、 坂東三津五郎さん、 スティーブ・ジョブズさん…など。

    私の父親の姉も、すい臓がんでした。

    身近にある病気という事でしょうか・・・

     

    『がんの王様』と呼ばれる膵臓がんとの闘い・・・ご本人は、大変な思いをされたのではないでしょか。

    心よりご冥福をお祈りいたします。

     

    category:ひとりごと | by:ごんちゃんcomments(0) | -

    スポンサーサイト

    2020.01.14 Tuesday 17:50
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -
      Comment